EXビジネスマン向け初心者向け老後対策節税対策

サラリーマンが不労所得を得るためには

サラリーマンが不労所得を得る方法

サラリーマンとして活躍していると「不労所得」に憧れることがあります。手間をかけずに収入を得られることは理想ですし、万が一自分が働けなくなってしまった場合でも収入に困ることがないため、保険としても魅力的です。
では、サラリーマンにはどのような不労所得が現実的なのでしょうか。

株主配当金

特定の株を所有することで定期的に得られる配当金。サラリーマンの不労所得としては定番の方法で、リタイア後の収入源としてもこの配当金を目当てにしている方は多いです。株式を所有しているだけなので手間はかかりませんが、所有する株式や企業によっては投資に必要な金額が高額である可能性があります。
サラリーマンとしての収入と照らし合わせながら、検討することが大切です。

不動産投資

不労所得としては定番ですが、株式投資程身近に情報がないため実践できずにいるサラリーマンは少なくありません。しかし、条件の良い不動産を購入すればほとんどリスクはなく、毎月安定した家賃収入を得ることができます。
ただし、地域によっては競合物件が多かったり、住宅需要が低いことがあるため、不動産選びは慎重に行う必要があります。

投資信託

投資のプロに委託することができる「投資信託」。特に投資の知識が浅い人におすすめの投資方法で、投資初心者のサラリーマンが投資をするよりも比較的リスクが低いのが特徴です。また、基本的にプロに委託してしまうため手間はほとんどかからず、不労所得としては満点の投資方法です。
しかし、その分手数料が発生しますし、プロであってもリスクは0ではないということを頭に入れておきましょう。

利益重視なら不動産投資

利益や導入のしやすさを重視するのであれば、不動産投資が最もおすすめです。不労所得において必要なのは「利益の多さ」「手間の少なさ」「リスクの低さ」が挙げられます。これらすべてが該当しているのが不動産投資なのです。
正しい知識を身に付けることで、初心者でも失敗のない運用が可能ですし、不労所得として十分な収入を得ることができます。
現在、不労所得を得ることを検討しているサラリーマンの方は、不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231