EXビジネスマン向け相続対策節税対策

サラリーマンの不動産投資と節税の仕組み

サラリーマンは節税しないともったいない!

サラリーマンの中には節税に対する知識が浅い方が少なくありません。毎月支払われる給料の中でやりくりすることが当たり前となり、「税金を減らして所得を上げる」という選択をしないサラリーマンが多いのです。
しかし、これは非常にもったいないことでもあります。努力次第で数十万円~数百万円もの節税になりますし、現在よりもさらに余裕のある生活が送れるようになるのです。
そんな節税対策としてサラリーマンにおすすめしたいのが「不動産投資」です。次項で不動産投資と節税の仕組みについて見ていきましょう。

不動産投資によるサラリーマンの節税の仕組み

サラリーマンが不動産投資で得られる節税効果は大きく2つあります。
一つが「所得税対策」です。不動産を購入するにあたって発生した「購入費」は経費として計上することができますし、不動産を購入した年の赤字分も給料と合算して申告することができます。
赤字分は収入から差し引くことが可能であるため、大幅な節税効果が見込まれます。特に高収入のサラリーマンが節税の恩恵を受けやすいでしょう。
翌年度からの運用期に入ってからは、減価償却費・ローン金利・管理手数料・固定資産税・その他物件管理に利用した雑費など、毎年経費計上が可能になります。

そして、もう一つが「相続税対策」です。将来自分の子供に資産を相続する場合、現金よりも不動産を相続した方が相続税が安くなる傾向にあります。
子供に思わぬ負担をかけないためにも、相続対策として不動産投資をおすすめします。

節税&副収入が不動産投資のメリット

不動産投資は節税と副収入が得られるのが大きなメリットといえます。資産を所有しながらさらに収入を得られるのは不動産の特徴です。
また、子供に不労所得の資産を残すことにもつながるため、将来のことを考えて不動産投資を検討することは大切です。

サラリーマンは不動産投資を検討しよう

サラリーマンは、節税のためにも前向きに不動産投資を検討してみましょう。最近は書籍やインターネットでもサラリーマン向けの不動産投資情報が多く公開されていますし、プロへの相談もしやすい環境にあります。
ぜひ、サラリーマンの方は不動産投資について今一度理解を深めてみてはいかがでしょうか。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231