EXビジネスマン向け相続対策初心者向け節税対策

不動産投資と節税とサラリーマン

サラリーマンの節税

「税金が高い…」「年収が高くても税金で引かれる」など、税金に対する悩みを抱えているサラリーマンは多いです。一般的に高収入と呼ばれる年収を得ていても、結局引かれる税金額も高額になるため、手元に残るのはごくわずか。そんな状況を回避するためにも「不動産投資」による節税について理解を深めましょう。

ハイクラスサラリーマンは課税所得が高額…

サラリーマンの中でも年収1000万円を上る「エグゼクティブビジネスパーソン」の部類に入る方は、課税所得が一般のサラリーマンよりも圧倒的に高い傾向にあります。これは、日本が「収入が高いほど支払う税金も高くなる」という税制度を設けている以上、回避することはできません。しかし、そんなエグゼクティブビジネスパーソンにとって効果の高い節税方法が存在します。それが「不動産投資」なのです。

サラリーマンにおける不動産投資の節税メリット

不動産投資は投資としては中長期・ローリスクミドルリターンの商品のため、最初の数年は家賃収入などで初期費用を全て回収することができません。つまり「赤字」ということになります。赤字と聞くと不安を感じてしまうかもしれませんが、この赤字分は給料と合算して申告することができるため、その年の課税所得を大幅に減少させることができ、大きな節税効果を持つのです。
早ければ4~5年で黒字化になるため、あまり深刻に赤字を受け止める必要はありません。徐々に入居者を増やし、定期的なメンテナンスをしながら計画的に不動産投資を進めることができれば、不動産投資は成功の道筋を辿ってくでしょう。

また、不動産投資は「資産」を所有することでもあります。将来自分の子供に相続する際、現金よりも不動産で財産を相続した方が「相続税」も大幅に割安になる傾向にあり、相続税対策にもつながります。
あらゆる節税効果を得ながら資産を所有できるのは不動産投資の大きなメリットといえるでしょう。

不動産投資は早めの行動が◎

近年、サラリーマン向けの不動産投資関連の情報が増え、不動産投資におけるライバルが増加傾向にあります。自分と同様に節税目的で不動産投資を検討するサラリーマンも増えているため、より良い不動産を選択するためにもそうしたライバルよりも先に不動産を手に入れることが重要です。
また、今後も不動産投資を検討するサラリーマンは増加することが見込まれているため、今のうちに不動産投資を積極的に勧めていくことをおすすめします。

サラリーマンは不動産投資で節税を

不動産投資はサラリーマンにとって大きな節税効果を発揮してくれるものです。年収の高いエグゼクティブビジネスパーソンは税金の支払いに追われていることも少なくなく、世間がイメージするような生活ではないこともあります。
だからこそ、今のうちに不動産投資についての理解を深め、効果的な節税を進めましょう。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231