EXビジネスマン向け初心者向け節税対策

年収1500万円のサラリーマンと不動産投資

サラリーマンと不動産投資

年収1500万円を超えるサラリーマンであれば、節税対策や資産運用として不動産投資を検討したことがあるのではないでしょうか。魅力的な情報が多い現代ですが、実際にサラリーマンが不動産投資を始める前にいくつか把握しておくべき注意点があります。

年収1500万円のサラリーマンが理解しておくこと

年収1500万円のサラリーマンは、まず不動産投資の計画を綿密に立てることが大切です。不動産投資に対するイメージとして「不動産の購入がゴール」と考えている方もいますが、実際は不動産投資にゴールはありません。
ビジネスと同じで、まず最初に目標を定め、その実現のために投資していくことが重要です。
物件を持てば必ず全てうまくいくと思っていると、数年後に自分の解釈と異なった流れになる可能性があるので、当初の投資に対する目標設定は非常に重要です。

年収1500万円のサラリーマンが不動産投資で注意すべきこと -金利上昇の可能性-

金融機関から融資を受けて不動産を購入する場合、経済状況によっては金利が上昇する可能性があります。融資の金額によっては1%の金利上昇でも大きな負担となる可能性があるため、融資を受ける前に金融機関に今後の動向や経営状況について確認しておくとよいでしょう。
とくに、年収1500万円のサラリーマンの場合は融資が受けやすいため選択しが多いため、担当者とよく相談し、自分が納得のいくスタートを切れるようにしましょう。

年収1500万円のサラリーマンが不動産投資で注意すべきこと -「格安物件」は購入しない-

初めて不動産投資をする年収1500万円のサラリーマンにとって数十万円~数百万円の格安物件は魅力的です。しかし、格安物件の多くは物件の状態が悪かったり、アクセスが悪かったりして投資先としては避けるべき物件です。
漠然としたリスクを意識しすぎてしまうのではなく「成功しやすそうな不動産選び」を意識することが大切といえます。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231