EXビジネスマン向け節税対策

年収2000万のサラリーマンと不動産投資

年収2000万円のサラリーマンが不動産投資を始めるべき理由

「ハイクラスサラリーマン」と呼ばれる年収2000万円以上の収入を得るサラリーマン。額面上は一般的に言われている「高収入」の層に当てはまりますが、実際は引かれる税金額が高く、意外にも世間にイメージされているような裕福な生活を送れていない方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は高い節税効果と安定した副収入が得られる「不動産投資」をご紹介します。

節税効果

不動産投資は基本的に初期費用として数十万円~数百万円が必要です。不動産の購入、手続きに関する支払い、交通費や宿泊費など様々な場面で出費が発生します。
こうした初期費用は、「経費」として給与と合算して形状することができ、課税所得を大幅に減らすことができるのです。その結果高い節税効果を得ることができます。年収2000万円のサラリーマンにとってこうした節税効果は大きなメリットといえるでしょう。

収入源の確保

「年収2000万円の正社員として働いているから安定している」といった認識をしている方は多いです。確かに、年収2000万円という収入額は高所得の部類に入ります。しかし、実際は大手企業や中小企業に限らず倒産リスクは常に存在します。また、経営不振により給料カットや怪我や病気による退職などで収入が途絶える可能性は十分にあるのです。
だからこそ、収入源が一か所のみというのはリスクが高いといえます。万が一会社からの収入が途絶えても一定の収入が得られるよう複数の収入源を確保する必要があります。それが「不動産投資」なのです。毎月数十万円の家賃収入があれば万が一にも備えることができるでしょう。不動産投資で予期せぬトラブルにも対応できるよう準備しておきましょう。

手間なしで得られる副収入

手間なしで収入を得られるのも不動産投資の魅力です。年収2000万円を超えるサラリーマンの多くは多忙であることから、株式投資やFXなどのように頻繁なチェックやこまめな売買などは不向きです。
ほとんど手間なく副収入を得たいのであれば不動産投資が適しているといえるでしょう。

融資の受けやすさ

年収2000万円のサラリーマンの場合、金融機関の融資の審査がおりやすい傾向にあり、融資の額も一般的なサラリーマンと比較すると高額です。そのため、条件に合った魅力的な不動産を購入しやすく、よりリスクの低い不動産投資を実現することができるのです。

年収2000万円のサラリーマンは「不動産投資」をスタートしよう

不動産投資は非常に高い節税効果が得られるとして、年収2000万円のサラリーマンに限らず、高所得者と呼ばれるあらゆる職業の方から人気を集めています。特に、近年は日本在住の外国人が増加傾向にあり、物件需要は今後も高まることが見込まれています。そのため、空室リスクが低い状況で不動産投資をスタートさせることができるのです。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231