EXビジネスマン向け初心者向け節税対策

高所得なサラリーマンと不動産投資に失敗しない方法

不動産投資における注意点

不動産投資を検討する高所得サラリーマンが増えている現代。しかし、一方で「失敗しないためにはどうすべきか」と慎重になりすぎてなかなか不動産投資を始められない方も多いようです。そこで、今回は最低限把握しておくべき不動産投資の注意点について解説します。
高所得サラリーマンの方はぜひ、失敗しないためにもしっかりと把握しておきましょう。

経費はきちんとメモ・保管しておく

不動産投資では、毎年所得合算にて節税効果に寄与する経費が発生します。例えば不動産を見学に行く際の交通費や宿泊費、管理会社への委託料など、様々な面で経費が出てきます。不動産投資に関係のある経費は全て不動産運用のための経費として計上することができるため、それぞれの経費の詳細をメモし、確定申告の際にきちんと申告しましょう。これを徹底することで大幅な節税効果を得ることができます。高所得サラリーマンは支払う税金が高額である傾向にあるため、不動産投資を進めながら節税も積極的に行いましょう。

自分にあった担当者を選ぶ

不動産投資は購入して終わりではなく、そこからがスタートです。
ですので、不動産投資を始める際は物件の収益性だけをみて自分の考えだけでむやみに始めるのではなく、
信頼できる担当者やコンサルタントがいる会社と出会ってから始めるようにしましょう。
スタートしてからの方が、実際に知りたいことが出てきたときに頼ることが多くなるので、自分にあった担当者やコンサルタントを選ぶことをお勧めします。

投資としての損益分岐点

不動産投資には、ビジネスと同じく損益分岐点が物件ごとに存在します。
大半の場合、レバレッジを効かせて金融機関からの資金調達で始められることが多いですが、
このローン残債と売却時の試算額がおおよそトントンになる点を損益分岐点といいます。
つまりいつ手放してもマイナスにはならないポイントのことですが、収益物件である以上、
どのくらいの賃料がとれるか=どのくらいの収益力のある物件かでその物件の資産価値が決まってきます。
ですので、将来的に売却をしてキャピタルゲイン(転売益)を得ようと考える場合でも、まずはその物件の売却資産額を
時間軸も加味して計画しておく必要があります。これを間違えて早めに手放す動きを取ってしまうと、
思わぬ損失が出てしまう可能性があります。十分にみていきましょう。

不動産投資の注意点を理解して実践しよう!

不動産投資は意外にも最低限の注意点を把握しておけば、大きな損失や失敗に繋がることはありません。そのため、不動産投資に限らず投資関連が初心者の方であっても十分安定して収益を生み出すことができます。
高所得サラリーマンの方はぜひ今回の記事を参考にしながら、不動産投資について今一度検討してみてはいかがでしょうか。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231