EXビジネスマン向け初心者向け節税対策

高所得なサラリーマンと所得税、節税について

高所得サラリーマンの所得税が高額な理由

なぜ高所得のサラリーマンは所得税が高額になってしまうのでしょうか。
日本の税制度としては、収入が高ければ高いほど税金も高額になる傾向にあります。さらに、節税に関する知識が浅い方も多く「毎月支払われた金額の中でやりくりする」という習慣が当たり前になってしまうことが挙げられます。
本来は積極的に節税ができるのですから、高所得のサラリーマンは資金や資産を残すためにもしっかりと節税をしたいところです。

高所得サラリーマンの所得税の節税方法 ーふるさと納税ー

近年、人気を集めている「ふるさと納税」。特定の地域に2,000円以上寄付する必要がありますが、2,000円を超えた分は所得税の還付に適用されます。そして、寄付した金額に応じて返礼品を受け取れるという仕組みであるため、実質2,000円で特産物を貰うことができます。
地域によっては、高級品や限定品なども返礼品として提供しているケースがあるので、気になる返礼品をチェックしてみましょう。

高所得サラリーマンの所得税の節税方法 ー不動産投資ー

所得税の大幅な節税方法として挙げられるのが「不動産投資」です。不動産を購入した年や翌年は基本的に赤字になりますが、その分を給与と合算して申告することができます。
赤字があると課税所得を大幅に減らすことに繋がりますし、資産を所有することも可能です。また高所得サラリーマンであれば金融機関からの融資も受けやすいため、スムーズに不動産投資を始めることができます。

高所得サラリーマンの所得税の節税方法 ーiDeCoー

私的年金の一つである「iDeCo」。自分で運用をする必要がありますが、拠出した掛け金は全て所得控除の対象となります。そのため、拠出金額が高額であるほど節税効果を期待することができ、さらに同時に老後の資金を蓄えることができるのです。
手軽で、自分の収入に応じて節税できることがメリットといえるでしょう。

不動産投資は資産を所有しながら節税ができる

高所得サラリーマンが所得税の節税を行う上で最もおすすめなのが「不動産投資」です。他の投資や金融商品と比べ身近に情報が手に入りずらいことからハードルが高いように感じますが、基本的に不動産物件選びを慎重に行えば失敗するリスクは低いのが特徴です。
節税効果も非常に高いためぜひ検討してみましょう。

不動産投資で効果的な節税を

高所得サラリーマンにとって高額な所得税は悩みの種ともいえます。しかし、所得税の節税方法は意外にも豊富であることが分かりました。今回の記事を参考にしながらぜひ積極的に所得税の節税対策に取り組んでみましょう。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231