EXビジネスマン向け初心者向け節税対策

高所得サラリーマンが不動産投資で失敗する要因

高所得サラリーマンが不動産投資で失敗する理由

不動産投資は高所得サラリーマンにおすすめであると考えられていますが、その一方で高所得サラリーマンは失敗しやすいとも言われています。それは一体なぜなのでしょうか。そして、失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか。
高所得サラリーマンが不動産投資で失敗する理由として挙げられるのは大きく3つです。

詐欺被害

稀ではありますが高所得サラリーマンに対する詐欺は存在します。知識が浅く、資金に余裕がある高所得サラリーマンは詐欺集団のターゲットとなりやすいため注意が必要です。
とくに、知人の紹介で会社を決めたり、個人や小規模事業社に依頼すると思わぬトラブルや詐欺に合うリスクが高まります。

物件選びの失敗

不動産投資において物件選びは最も重要なポイントです。しかし、格安物件に惹かれたり、立地の悪い物件を購入してしまったりすることでなかなか入居者が確保できず、家賃収入がないまま赤字が続いてしまう可能性があります。

所有不動産の管理不足

不動産を購入して終わり、と考えている高収入サラリーマンは多いのですが、実際は「不動産購入」は通過点でしかありません。そのため、購入後も管理が必要であるということを頭に入れておく必要があります。
老朽化が進んだり、劣化や損傷が激しいと物件価値が低下してしまうため注意しましょう。

高所得サラリーマンが失敗しないためには?

高所得サラリーマンが失敗しないためには、まず「信頼できる業者」に依頼することが大切です。実績が豊富、不動産投資における知識が豊富、相談に親身になってくれるなど、料金の安さではなく、信頼できるかどうかで検討することが大切です。
また、不動産の管理が難しい場合には、信頼できる管理会社に委託するのもおすすめです。不動産は大切な資産ですから、運用は計画的に行いましょう。

高所得サラリーマンとしての立場を活かす不動産投資

高所得サラリーマンは融資が受けやすいことから、一般的なサラリーマンと比較すると有利な条件で不動産投資を始めることができます。そのため、不動産投資は積極的に行うことをおすすめします。
確かに失敗リスクは存在しますが、慎重に不動産会社や物件を選ぶことでリスクは限りなく0に近づけることは可能です。まずは、プロに相談してみることから始めてみましょう。

不動産投資で効率的に資産運用をしよう

高所得サラリーマンの不動産投資の失敗事例としては詐欺や物件選びの失敗、管理不足などが挙げられます。今回の記事を参考にしながら、失敗しない不動産投資を実現しましょう。

お電話でのお問合せ

03-6860-8231

03-6860-8231